神の湯守り 二百年 ─
松江藩の温泉管理役職 湯之介の末裔。
玉造温泉は、三名泉(枕草子)とされ、規模、歴史ともに県下随一、城崎温泉や皆生温泉や三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地です。奈良時代開湯といわれる古湯で、少彦名命が発見したと伝えられ、出雲国風土記抄にも記載があり、神の湯として知られています。また江戸時代には松江藩藩主の静養の地となっており、湯之介と呼ばれる温泉を管理する役職も設けられておりました。

当館は、その湯之介の末裔…。
お湯ひとすじに生きよ
の家訓の元、守り続けて来たお湯をご堪能ください。